【オオバ(シソ)】育て方・増やし方の方法

シソの画像です。 野菜

オオバについて

シソの画像です。

分類はシソ科シソ属オオバになります。

さわやかな香りがするオオバは6月~8月頃に収穫でき、丈夫で栽培が簡単な為、ガーデニング初心者の方でも育てやすい野菜、ハーブです。

日本でも古くから栽培され、和ハーブとして親しまれてきました。

赤紫色の葉を付けるものを赤シソ、オオバと呼ばれているものを青シソと呼びます。

芽や花穂も食べる事ができ、天ぷらや醤油漬け、梅干し和え、佃煮等、様々な料理に使用できます。

 

観賞方法

鉢植え、お庭等。

 

原産国

ミャンマー、ヒマラヤ。

 

 

 

 

 

育て方

シソの画像です。

 

用土

市販されている野菜用培養土や、自分で配合する場合は、赤玉土と腐葉土を6:4の割合で配合したもの等を使用します。

 

肥料

鉢植えの場合は植え付けの際に緩効性肥料を与えてあげましょう。

地植えの場合は植え付けの2週間前までに苦土石灰を撒き酸度を調整し、1週間程前に堆肥と肥料を混ぜておきましょう。

オオバの草丈が20㎝程になったら、月に1~2回程追肥してあげましょう。

 

置き場所

日当たりと風通しが良い場所を好みます。

窓際等で日がしっかりと当たるのであれば、室内でも育てる事ができます。

屋外で育てる場合は、室外機等の風が当たる場所は避けて下さい。

真夏の直射日光に当たり過ぎると食感が落ちてしまうので、半日蔭の環境を作ってあげましょう。

 

水やり

水分が少ないと葉が硬くなってしまうので、土の表面が乾燥する前に水をタップリとあげて下さい。

夏場は敷きわらや腐葉土等で地表を覆ってあげ、乾燥を防いであげましょう。

また、葉水も乾燥対策には効果的で、害虫の予防にもつながります。

勢いよく水をかけると株が倒れてしまう恐れがあるので、ジョウロ等で優しく水をあげて下さい。

 

苔植物を知りたい人はこちらから

シダ植物を知りたい人はこちらから

 

苔、シダ植物のご購入はこちらから

 

 

植え付け

4月頃からが適期になります。

プランターは深さが20㎝以上、鉢の場合は1株を植える目安が8号程の大きさになります。

地植えの場合は株間を30㎝程、プランター等の場合は株間を20㎝程とり、水を張ったバケツ等に苗を沈め、根鉢にたっぷりと水を含ませ、根鉢が崩れないように植え付けてあげます。

プランター等の場合は、鉢底石を敷き、鉢の縁の数センチの所まで土を入れ、ウォータースペースを残しておきましょう。

数センチ残しておくことで、水やりの際に土が流れ出るのを防ぐ事ができます。

植え付けたら水をたっぷりとあげ、根付くまでは水切れに注意して下さい。

転倒防止のために1株に1本の支柱を立ててあげましょう。

 

摘芯・花がら摘み

草丈が30セント程で葉が10枚程付いたら、収穫のついでに摘芯を行います。

主茎の先端を摘み取り、わき芽を増やす事ができます。

3~5節芽を目安にしてカットしてあげましょう。

花が咲かないように花芽が付いたら摘み取ってあげる事で、長く収穫する事ができます。

 

害虫・病気

ハダニが付く事があるので、葉水をしてあげ対策するようにしましょう。

アブラムシが付く事があり、ウイルス病を媒介する恐れがあるので、見つけ次第薬剤などで駆除してあげましょう。

アブラムシは風通しが悪く湿気が溜まりやすい場所を好むので、風通しが良く、蒸れにくい場所で育てると予防する事ができます。

 

 

 

 

増やし方

シソの画像です。

 

種まき

気温が20℃を超える4月~6月頃が適期になります。

花後の種を採取した後、実を乾燥させて袋に入れて保管しておきます。

種まきの前に発芽率を高める為に、前の日の夜に一晩給水させておく方法もあります。

育苗ポットに種を3~4粒程蒔いて、土を薄く被せてあげます。

光がないと発芽しない恐れがおるので、土は薄めに被せてあげましょう。

発芽したら元気なものを残し間引いてあげ、本葉が1枚付いたらプランターや畑などに植え替えてあげましょう。

 

挿し芽

カットした茎の先端を水が濁らないように管理すると、1週間程で発根します。

発根した茎は土へ植え付けてあげ、日陰で管理し、根付いたら通常の管理に戻してあげます。

 

 

収穫

芽や葉、花穂、実を食べる事ができます。

芽は本葉が2枚程になるまでに収穫でき、発芽後に間引いたものを芽シソとして食べる事ができます。

葉の収穫は主茎に10枚程葉が付き、草丈が30㎝程になったら収穫できます。

植え付けから約1ヶ月程が目安になり、下の方に付いている葉から収穫します。

花穂は秋に近づいてくると花をつけ始めるので、花穂が伸びて半分程開花したら収穫できます。

実は花が咲き終わってから実ができるので、その実を収穫する事ができます。

 

 

苔植物を知りたい人はこちらから

シダ植物を知りたい人はこちらから

 

苔、シダ植物のご購入はこちらから

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました